FC2ブログ
Load to One!
ロードバイクで地域の天辺を目指すべく日々練習に励む模様を紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
N's FC3S SPEC No.62
エンジンルーム洗いの話。

こんばんわ、N@ロータリーです。

明けましておめでとうございますm(_ _)m
今年も細々とブログを続けたいと思います(汗)

今年一発目のネタは、エンジンルーム洗いです。
年末に洗車ができなかったので、年明け早々に洗車
しました。

■エンジンルーム洗い手順
①防水処理
0701022

バッテリー、イグニッションコイル×2、エアクリ、
オルタネータ、ブーコン用モータ、それぞれにビニール袋を
被せてガムテで固定してます。濡らしたらダメだろうという
箇所を選んでいます。

②水洗い&洗剤噴射
07010260701023

エンジンルームに水をかけたあと、KUREのエンジン
フォーミングを全体に噴射します。

③水洗い&拭取り&磨き上げ
写真ないですけど、洗剤をかけたあと水洗いで洗剤落とし。
その後は、液体のタイヤワックスを水で薄めた物で各樹脂&
ゴム部を磨き上げ。ついでに汚れの気になる箇所&防水
箇所を拭き洗い。

④エンジンONで乾燥
0701025

エンジンの熱で水分を蒸発させます。

⑤完成
<Before>           <After>
07010210701024

樹脂部分や鉄板部分がキレイになりました☆
気分が良くなるのはもちろん、オイル漏れ等の異常も発見
しやすくなるのでおすすめです。自己責任なんで自信のない
人はお店でやってもらうのも手かと。

もちろん、この後は洗車しました。
0701027

相変わらず惚れ惚れするボディですなw
今年も色々やろう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Load to One! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。