FC2ブログ
Load to One!
ロードバイクで地域の天辺を目指すべく日々練習に励む模様を紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013龍勢ヒルクライム
こんばんは、N@ロードです。

今日は龍勢ヒルクライムに参加。

年代別男子C-9位 45分7秒

朝3時半に起きて4時に家出発。
下道で、途中朝飯買ったりして、現地駐車場に5時50分位着。
6時受付済ませて、早いので7時まで仮眠。7時からマシンやらの準備して、半から30分アップ。

チームメンバと合流し、定刻にスタート位置へ移動。クラスの前目に陣取る。寒いのを我慢して、上下ウォーマー外す。でスタート。

最初バイク先導ながら、タイム計測も開始。まぁバイクも、クラス毎にスピードは大体合わせてるんだろうけど。のんびり列車に乗って風も避けつつ快適。右折ポイントを過ぎて、バイクのクラクションと共にレース本格スタート。一気に加速。

緩斜面なので、スピードが半端ない。まぁついていけないことはない。徐々に先頭に近付いて気付いたら何故か先頭に(汗)(´・ω・`)
先頭は静かだ by今泉 このペースで先頭とは、今日は優勝か?wとか思ってたら、勾配がキツくなり始めたあたりから先頭集団にガッツリとパスされるorz 同クラスのゼッケンを確認すると、軽く6人以上。やべ入賞圏外。鳥居過ぎたあたりからジワジワ千切れて、周りに2、3人。数年前に一度来てるけど、こんなに激坂だったっけ?27でもキツい。ここを乗り越えると一気に勾配が緩くなる。が、脚が終わりかけててペースアップできず。可能な範囲でペース維持。心拍も180付近だったからそれなりには頑張ってた模様。脚が回復してから数人抜いて、下り手前に一人追い付いて一緒に前追いましょう的な励ましを受けて一踏ん張り。

下り突入。ウェットかつぬかるみありーので、コーナーは慎重に消化。なんとかコケず。そこから、約3キロ。下りで脚が回復するかと思ったけど妙に重くペース上げられず。ラスト1キロに同クラスを発見。重めギヤでペース上げてパス。もう一人抜こうとベタ付けまで詰めたけど、最後コース幅が狭くパスできずでゴール。

いやー最近のパワーから予想してたタイムが全然でなくてガッカリ。最近、猪子TTのパワー更新してただけになんとも。序盤先頭出たのがFTP超えてたのだろうけど。レース経験が少ないから入れ込んじゃうのかね。やっぱ。レース用パワーメータ逝っちゃう?w



こんにゃくやら甘酒が旨いねー。
下山もパンクが心配だったけど、無事下山v

下山後、長沼選手のヒルクライム講座があったので視聴。ついでにちょっと質問したり。以下概要。

・リラックスダンシングは、ハンドルに体重預けて、胸は張る。
・ヒルクライムには、前乗り。サドルはちょい前上がり。
・ダンシングでシッティングと同じケイデンスで回せるように(軽めのギヤ)。
・シッティングで体の重心を振るとダンシング相当
・5分毎に30秒位足の外側で踏んで負荷を分散。
・普段の練習は、3キロ位の上りで。アベレージ走、アベレージ走からのラストスプリント、スプリントしてからのアベレージ走等バリエーションを増やして。一回に3本位で良いみたい。常に体を刺激する。

来年は大会殆ど出られないから、ひたすら練習かな。でも龍勢はもうちょいで入賞できそうだから出たいな、寒さも我慢できるレベルだったし。まぁマイレージ貯めて交渉だな。

で帰りは、数年越しの念願の安田屋わらじカツ


カツでけーヽ(´ー`)ノ。丼ぶりよりでけーw それが2枚。甘辛でご飯が進む。やや塩っぱいのでご飯大盛りに出来ないのが唯一の残念。まぁ十分満足('A`)y-~

帰りは、やっぱり疲れてたのか運転中に失神しそうだったので途中仮眠して帰宅。
来週はCST杯。短時間パワーならいけるかなー?去年みたく無駄引きせずクレバーにw まぁみんな知ってるメンツなので運動会的なノリで楽しもう♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Load to One! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。