FC2ブログ
Load to One!
ロードバイクで地域の天辺を目指すべく日々練習に励む模様を紹介
WCR練&松風練上りを考える

こんばんは、N@ロードです。

昨日は記事を書きながら、うとうと。
松風練やった日に活動時間 22時間は
無理。早く寝て回復させないと、
せっかくの練習が身に付かない。
以後気を付けよう。

そんな状態の今日ですが、体は
イージーを求めていたので、WCRで
耐久走を実施。アップが終わった
あたりで、筋肉の疲れはなかったので
アウタートップ巡航練をトライ。

これが意外にも、L3~L4の維持が
楽。なんだかんだで、1.5時間位。
筋持久力向上に効くかな。ヒル
クライムに近いし。

で今日のテーマ。松風の上りの様な、
短い上りを最速で走るには、どー
したら良いか?

場の流れ上、昨日の松風は中腹から
の普段よりもショートスプリント
(以後SS)。普段はよりロング
スプリント(以後LS)。今回、SSだった
が体力の消耗が早かった。それらに
対して、個人的な考えをつらつらと。

SS
メリット
:前方に人がいれば、その人の動き
を見ながら、必要最低限のパワー
でいける。

デメリット
:他に、自分より短時間ハイパワーな
人がいると負けやすい。場の展開
次第なので、TTには不向き。
ハイパワーを長時間キープすると、
回復に時間を要する。

LS
メリット
:おおよその時間が分かっていれば、
GCで維持可能な最大パワーが分かる
ので、そのパワーを維持するように
走れば、自分のベスト(最速)は
出やすい。自分の決めたパワーで
走るので失敗が少ない。

デメリット
:基本的に先行逃げ切りなので、楽は
できない。SS狙いの人をゴール前
まで牽いてアシストしてしまう場合
がある。あと、限界走行中なので、
他の人の動きに対処出来ない。
とまぁ、どっちもありといえばあり。
タイムを取るか勝負を取るか。
あとは自分のパワープロフィールが
どちらに向いているのか。等。

まぁ区間平均パワーを上げれば良い
だけなので、序盤からそこそこで
上げるのも、最後にドカンと、上げる
のも自由。とまぁいろいろ考えてます。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Load to One! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.